ドイツ陸軍将校

d0024087_8272082.jpg

モチーフはタミヤ旧版キューベルワーゲン箱絵の将校です。
古い話題で分からない方すいません。

 組み立てについて
シュタイヤーの将校に旧キューベルワーゲン将校の腕をつけるだけです。頭部も別のキットから流用しました。
腕は古いキットの部品なので服のしわや指のスキマをデザインナイフで彫っています。
将校の帽子のつばの部分が埋まっているのでここもデザインナイフでこりこりとしました。
d0024087_8274947.jpg

 塗装について
タミヤエナメルを使いました。
使用した筆は万年フデセットのもの、3種類入って250円と安いですがよく使ってます。
万年フデで塗りきれない細かい徽章や顔の表情はタミヤの細筆です。
衣服はフラットベースで艶を消し、革製品には少し艶をつけると雰囲気がよくなります。
模型誌ではフィギュアに色を塗ってからクリアーとフラットベースを混ぜて艶を調整する方法が紹介されていましたが、実際やってみたところ、ムラができてしまったので横着して作った色にあらかじめクリアーやフラットベースを混ぜて塗ってます。
[PR]
# by tropicaldesign | 2005-04-16 14:39 | その他単品フィギュア

ケッテンクラート

d0024087_1932815.jpg

田宮模型のキットです。

 組み立てについて
足回りは一体成型されていて組み立てやすいですが、パーティングラインが目立つのでていねいに消します。運転席周りのピンの跡もパテで埋めると仕上がりがきれいです。
一体成型されている前輪とフェンダーもいちど切り離し、フェンダーの裏を削ってそれらしくしています。
ナンバープレートと後部の泥除けを薄く削り、泥除けは指で曲げてへこませています。
エンジンカバーの網目の部分はくりぬいてナイロンメッシュをはってみました。
d0024087_194411.jpg

 塗装について
GSIクレオスのアクリルホビーカラーのサンド色をエアブラシ塗装し、タイヤ、キャタピラはジャーマングレイで塗り分けました。
タミヤエナメルのフラットブラック+フラットブラウンで細かな傷を描き込み、それをそのまま溶剤で薄めてスミ入れをしています。
特にモチーフはないので師団マークはアクセントとしてつけてみました。
最後にアクリルのサンド色を水で薄めて土埃を表現し完成です。
[PR]
# by tropicaldesign | 2005-04-12 22:10 | ケッテンクラート