<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヒトラーユーゲント 1945 2

d0024087_2233752.jpg
ここまでできました。まだまだ粗いです。
大体形はできましたので、これからは細部の表現、表面の処理なんかをします。
腰の短剣もちゃんとつけます。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-09-10 22:39

ヒトラーユーゲント 1945

d0024087_1725195.jpg
コンコルド社の本、ヴォルスタッド氏のイラストの表紙を手本に製作中です。
ベースとしたフィギュアは、6110 - SS-GRENADIERS, HJ DIVISIONのツナギの弾薬手。
まず襟のモールドを削り取り、削ったモールドを切り貼りして襟を作り直します。
また足が長いように感じたので、ニッパーで適当なところを切断、2ミリほど削って付け直しました。
少年らしいヘッドがないかと考えた末、レジン製の少年ヘッドを使うことに、少々幼すぎる感じはしますが、細い首を太くしたりしてソレらしくしています。
パンツァーファウストはタミヤのもの、少し大きめのドラゴンの方が少年兵らしさをだせるかもしれません。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-09-08 17:55

ソビエト戦車兵3

d0024087_23561886.jpg
3体のヘッドを塗ってみる。
良いヘッドは塗っていて楽しいです。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-09-06 00:02 | その他単品フィギュア

ソビエト戦車兵2

d0024087_19273250.jpg
ここまで出来ました。
大きめな手はドラゴンの部品と交換、タミヤパテで部品の隙間を埋めたり、腕や将校のズボンなど気になるところをヴォリュームアップ。
将校の真っ白なヘッドにも薄く溶きパテを塗ってみる。見事な造形がはっきり浮かび上がってまいりました。
もう少しパテや紙やすりを使って形を整えてみようと思います。

ところで今日、ICM社の独歩兵3体、ソ連戦車兵捕虜連行フィギュアを見つけ、迷った挙句、買いませんでした。
旧グンゼ産業が似たようなシチュエーションのレジンフィギュアを出していましたし、おそらくそちらのほうが出来は良いはず。しかしどんな出来なのか確かめてみたかったです。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-09-04 19:33 | その他単品フィギュア

ソビエト戦車兵

ICM社のSoviet TankCrew
ICM社のフィギュアは箱絵とシチュエーションが魅力的、しかし以前買った記念撮影ドイツ戦車兵では中身にがっかりさせられました。カメラの出来はよかったのですが。
それからICMのキットは遠慮していたのですが、箱絵に魅せられてまたも買ってしまいました。
d0024087_024050.jpg
なんでもない素直な直立ポーズ、戦車兵の持つスパナ、時計を見る将校が魅力。
d0024087_19283594.jpg
さすがにそのまま組み立てるだけでは満足できず、改造してみる。
ヘッドを替えるだけで雰囲気はずっと良くなりました。
戦車兵のヘッドはタンキ社のもの、表情はもちろん、インジェクションではなかなかうまく再現されない戦車帽もいい感じです。
将校のヘッドはタイガーモデルデザイン社のもの。
また将校の長靴は箱絵と比べてどうも小さく、そのまま組むと身長もちょっと低めになるようなので、1mmプラバンを2枚重ねて延長しています。
3体とも手が大きめなので別のキットから流用するのもいいかもしれません。スパナを持つ手も小さめに削ってみました。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-09-02 00:02 | その他単品フィギュア