<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

G.I

d0024087_23241243.jpg
ウイルス・ジープと組み合わせようと、ドラゴンモデル・アメリカ戦車兵セットからジェリカンを運ぶ兵士を組み立てています。
タンカーズジャケットは戦車兵だけではなく、米軍で広く使用されたそうでジープとも組み合わせることができます。
ところで、箱を開けて驚いたのがこの分割、襟が別パーツでした。大きく開いた襟から覗くツナギが良いです。
このフィギュア、同社・レマゲンセットの米兵に比べ、非常に体格が良く、まさにタフなG.Iのイメージにぴったりです。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-31 23:44 | ジープウイルスMB

降下猟兵とロバ 10

d0024087_226074.jpg
子ロバを塗装しました。まず最初にデッキタンを全体に塗り、思いつきで適当なグレーを塗り重ねてゆきます。
たてがみ、しっぽ、ひづめはフラットブラック、耳の先にも少々フラットブラック。
目玉はツヤありのブラックで仕上げました。足、口元、目の周りが白っぽくなるようです。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-30 22:16 | 降下猟兵とロバ

降下猟兵とロバ 9

d0024087_21202565.jpg
ロバに荷物をつける。
キット付属の荷物、ヘルメットと通信機だけではちょっと寂しいなと思い、アメリカ軍からの戦利品である水筒、スコップを追加。さらに大きめのスコップもつけました。
ロバをつなぐ綱は手芸用の糸を使っています。タミヤセメントをしみ込ませると曲げて形をつけることができます。
d0024087_21214083.jpg
降下猟兵の塗装もひとまずできあがりです。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-28 21:42 | 降下猟兵とロバ

降下猟兵とロバ 8

d0024087_23123815.jpg
ロバを引く降下猟兵の顔を塗装しています。手順はこの間と同じです。髪の毛はサンドイエローとフラットブラック、フラットフレッシュを適当に塗り重ねました。
ジャンプスモックは箱絵通り、フィールドグレー単色にします。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-27 23:19 | 降下猟兵とロバ

Ⅲ号戦車 製作中9

d0024087_2233820.jpg
再びⅢ号戦車の工作をしております。
砲塔の溶接跡の再現。伸ばしランナーをリモネン接着剤で溶かしつつ、デザインナイフで刻んでいきます。
同軸機銃カバー上部もデザインナイフの刃の裏、ノミ状のような部分で開口しています。
d0024087_2234763.jpg
OVMの取り付け金具等もプラ板で工作、ジャッキ固定具の蝶ネジも切り離し、角度を変えて再接着すると自然です。
ところで、エアインテークのネットについて、当初はタミヤ・Ⅲ号突撃砲G初期型用エッチングパーツを流用しようかと考えていたのですが、同社の新製品、Ⅲ号突撃砲B型付属のより正確なエッチングパーツを見つけ、是非これを流用したいと目論んでいます。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-26 22:31 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 戦車長

d0024087_21455298.jpg
長いこと放っていたフィギュアです。製作がストップしているⅢ号戦車の戦車長。
襟をデザインナイフで彫り、袖も開口。指の隙間をあけて、指らしくしています。左手には双眼鏡を、右手はキューポラを握るようにしています。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-15 22:01 | Ⅲ号戦車J型

降下猟兵とロバ 7

d0024087_20524434.jpg

ジャンプスモックの細かい縦線、雨模様は何とか描き込めました。フラットグリーンをそのまま使っています。こんな感じでどうでしょう。
略帽、ズボンはサンドイエロー+フラットホワイトで、手榴弾、水筒のコップ部分はオリーブグリーンです。手榴弾の柄はサンドイエロー。ブーツは半つやのブラックを塗っています。土汚れはまた後で。
d0024087_20525364.jpg
最近気付いたのですが、水筒の茶色の部分はつや消しなのですね。手榴弾、水筒のコップはクロームシルバーでちょんちょんと傷を描き込むといい感じです。ガスマスクケースはフィールドグレー。
せっかく工作したルガー・ホルスターは水筒に隠れてしまいました。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-14 21:22 | 降下猟兵とロバ

降下猟兵とロバ 6

d0024087_23371496.jpg
ジャンプスモックを塗装します。カーキ+フラットホワイトを基本色に、フラットブラウン+フラットホワイト、フラットグリーン+フラットホワイトでパターンを描き込みます。パターンはエッジを鋭くすると良いでしょう。あとは全体にダークグリーンで雨模様を極細筆で描くのですが、なかなか難しそうです。うまくいくでしょうか。
ところで、今日発売の雑誌、アーマーモデリング76号を買ってきました。楽しみにしていたミリタリー・フィギュア特集です。刺激的な、すばらしい作品ばかりで、ますます製作意欲が湧いてきます。今日はもう遅いので、DVDはまた明日に。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-13 23:44 | 降下猟兵とロバ

降下猟兵とロバ 5

d0024087_22424778.jpg
そろそろ色を塗ってみようかと思います。ドラゴンの略帽を被るヘッドはとても良いですね。ただ右のこめかみあたりがヒケているのでタミヤパテで修正しています。
d0024087_22425992.jpg
まずデッキタンで白目を塗り、ロイヤルブルーで黒眼を塗ります。上下のまぶたにはみ出ても、後で塗りつぶすので構いません。
d0024087_22431031.jpg
全体にフラットフレッシュを塗ります。この際、はみ出た白目、黒目を塗りつぶし、目を仕上げます。フラットフレッシュは薄く、すこしずつ塗り重ねるようにすると仕上がりがきれいになります。
d0024087_22431783.jpg
フラットブラック+フラットブラウンで陰影を描き込みます。口や耳、鼻の穴を濃く、鼻のまわり、眉、顎、ひげのあとや襟、帽子の隙間を薄く塗ります。ついでに頭髪も塗ります。陰影は強めにつけ、フラットフレッシュで様子を見ながら落ち着かせました。
d0024087_22432660.jpg
最後に唇、頬などにフラットフレッシュ+フラットレッドで赤みをつけます。
d0024087_2385850.jpg
今回使った道具と材料。タミヤカラー・エナメル塗料5色とタミヤHFブラシ極細、万年塗料皿をパレットにしました。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-10 23:13 | 降下猟兵とロバ

降下猟兵とロバ 4

d0024087_065481.jpg
降下猟兵スモックのおしりの部分につくモールドですが、左がスコップの柄を通して留めるためのもので、右がルガーホルスターだそうです。
詳しく教えて頂いたおとしぶたさん、ありがとうございます。
そこで、早速工作。スコップ通しはデザインナイフで彫るだけ、ホルスターは、一度切り離し、穴をあけて付け直しました。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-08 00:25 | 降下猟兵とロバ