<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Ⅳ号戦車 製作中3

d0024087_2328355.jpg

ほとんど組み立ては終わりました。
塗装を考えて履帯は4分割して取り外せるようにしています。転輪も別に塗装します。
履帯取り付けの為に車体上下も接着していません。
d0024087_23281415.jpg

戦車にそえるフィギュアをこしらえてみました。イメージは降伏したドイツ兵を連行するソ連兵です。
タミヤとドラゴンの部品を混ぜて使っています。
ドイツ兵はドラゴンのフィギュアに手を上げさせて改造、コートの表現がすばらしいです。
ソ連兵はタミヤのキットにドラゴンの頭部と腕を使い、拳銃を持たせてみました。
拳銃はタミヤの米軍小火器セットからとりあえず流用していますが、ソ連軍の拳銃についてはきちんと調べてみます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-30 23:58 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中2

d0024087_22471189.jpg

履帯を組み立てます。ドラゴンのキットは1枚ずつの組み立て式です。
まず、すべて一度に切り出してパーティングラインを消します。単純な作業ですが音楽を聞きながら、けっこう楽しくやっています。
私は模型を作る時よく音楽を聞きます。
d0024087_22472136.jpg

角材に両面テープを貼って、組み立ててみました。突き出しピンの跡はほとんど紙ヤスリで消せそうですが、所々にある大きな跡は木工パテで埋めています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-28 23:34 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中

d0024087_22392737.jpg

ドラゴンのⅣ号戦車最後期型です。
去年の7月頃から作り始めたのですがシェルツェンステーを作り直したり、あちこち工作してるうちに挫折。作りかけのまま本棚の上に飾っていましたが、今日なんとなく気が向いて製作再開となりました。
装備品はタミヤのⅣ号戦車装備品セットを利用しました。あとは伸ばしランナーとプラバンで工作しています。
今からどんな仕上げにするか楽しみです。ダークグリーンの単色塗装にしたいなと思ってます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-24 23:09 | Ⅳ号戦車J型

KING TIGER BATTLE OF BULGE

d0024087_11501473.jpg

ドラゴンの新製品、6254 キングタイガーヘンシェル砲塔 バルジ戦線

広告を見て楽しみにしていたキット。
昨日、模型店のおばさんから電話があり、待ちきれず電車に乗って買いに行きました。
家に帰ってさっそく大きな箱を開けるとパーツがぎっしり、わくわくします。
エッチングパーツやアルミ砲身、金属ワイヤー、組み立てキャタピラは切り離し済みで驚きました。
d0024087_11502674.jpg

もっと驚いたのは組み立て図がカラー写真だったこと、塗り分けの指示もカラーで分かりやすいです。
そしてこのキット、私にとっていちばんの楽しみは降下猟兵が8体もおまけについてくること、作るのはちょっと大変そうですが頑張ってみます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-24 12:35 | キット・レビュー

B.M.W.R75 WITH SIDE CAR

d0024087_19183136.jpg

タミヤのかなり古いキットです。

 組み立てについて
キットは省略されている部分も多く、実車のデティール写真を参考に工作しています。
タイヤとフェンダーは一体成型されているので、いちど切り離しフェンダーを薄く削ります。
d0024087_18544316.jpg

工作材料はプラバンと伸ばしランナー、配線は細いエナメル線で再現。
ヘッドライトにはアルミ箔を張った透明プラバンをはめ込み、ヘッドライトカバーを裏からくり抜き開口しておきます。仕上がりにあまり効果はありませんが自己満足しています。
サイドカーの底にヤスリでケガいたプラバンの短冊を敷いてスノコを再現。
d0024087_18545691.jpg

座席のスプリングは伸ばしランナーに針金を巻きつけて。
一体成型の後部座席基部はほとんど作り直しました。
シート後部のポチポチは伸ばしランナー・スライス。
サイドバックはタミヤのDKW NZ350から流用、これは効果が高いはずです。
テールライトは透明伸ばしランナーをスライスし、表面を磨いてはめ込んでいます。
d0024087_1855760.jpg

 塗装について
タミヤアクリルのジャーマングレイ+グリーン+クリアーをエアブラシ塗装。
あとはエナメルカラーで塗り分けました。
B.M.W.のエンブレムは手描きしましたがぜひスライドマークが欲しいです。
d0024087_19162987.jpg

 フィギュアについて
キット付属の人形をベースに服のしわやモールドは木工パテの盛り削り、ラッカーパテは臭いがきついので木工パテをアクリル溶剤で溶いて使っています。
立てた襟やベルト、銃のスリングをプラバンで作り、ボタンは伸ばしランナー・スライス。
頭部、ガスマスクケース、ライフルはドラゴンの部品です。
ゴーグルはくり抜いて透明プラバンをはめ込みました。

 ベースについて
写真では見えにくいですが今回はベースも作ってみました。1㎜プラバンで作っています。
タミヤアクリルのホワイトで全体をエアブラシ塗装。
ボックスアートを意識してマスキングテープをデザインナイフで切り抜き、マスキングして文字を入れています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-16 20:54 | BMW R75

ドイツ陸軍将校

d0024087_8272082.jpg

モチーフはタミヤ旧版キューベルワーゲン箱絵の将校です。
古い話題で分からない方すいません。

 組み立てについて
シュタイヤーの将校に旧キューベルワーゲン将校の腕をつけるだけです。頭部も別のキットから流用しました。
腕は古いキットの部品なので服のしわや指のスキマをデザインナイフで彫っています。
将校の帽子のつばの部分が埋まっているのでここもデザインナイフでこりこりとしました。
d0024087_8274947.jpg

 塗装について
タミヤエナメルを使いました。
使用した筆は万年フデセットのもの、3種類入って250円と安いですがよく使ってます。
万年フデで塗りきれない細かい徽章や顔の表情はタミヤの細筆です。
衣服はフラットベースで艶を消し、革製品には少し艶をつけると雰囲気がよくなります。
模型誌ではフィギュアに色を塗ってからクリアーとフラットベースを混ぜて艶を調整する方法が紹介されていましたが、実際やってみたところ、ムラができてしまったので横着して作った色にあらかじめクリアーやフラットベースを混ぜて塗ってます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-16 14:39 | その他単品フィギュア

ケッテンクラート

d0024087_1932815.jpg

田宮模型のキットです。

 組み立てについて
足回りは一体成型されていて組み立てやすいですが、パーティングラインが目立つのでていねいに消します。運転席周りのピンの跡もパテで埋めると仕上がりがきれいです。
一体成型されている前輪とフェンダーもいちど切り離し、フェンダーの裏を削ってそれらしくしています。
ナンバープレートと後部の泥除けを薄く削り、泥除けは指で曲げてへこませています。
エンジンカバーの網目の部分はくりぬいてナイロンメッシュをはってみました。
d0024087_194411.jpg

 塗装について
GSIクレオスのアクリルホビーカラーのサンド色をエアブラシ塗装し、タイヤ、キャタピラはジャーマングレイで塗り分けました。
タミヤエナメルのフラットブラック+フラットブラウンで細かな傷を描き込み、それをそのまま溶剤で薄めてスミ入れをしています。
特にモチーフはないので師団マークはアクセントとしてつけてみました。
最後にアクリルのサンド色を水で薄めて土埃を表現し完成です。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-12 22:10 | ケッテンクラート