カテゴリ:ジープウイルスMB( 8 )

ジープウイルス MB 製作中7

d0024087_20332979.jpg
ダイソーのディスプレイケースを使ってみました。細い針金をライターであぶってタイヤに刺し、ピンバイスでベースに穴を開け、針金を折り曲げて固定しています。
フィギュアは瞬間接着剤で固定。
d0024087_20341047.jpg
斜め後ろから
d0024087_20343241.jpg
オノ、スコップはあえて塗り分けず、チッピングで地色を表現。
赤い反射板はエナメルのレッドを塗った後、同じくエナメルのクリヤーで仕上げます。
バッグはシートと少し違う色味にしました。
d0024087_20344329.jpg
後ろから
d0024087_20345134.jpg
前から
d0024087_2035221.jpg
座席、弾薬箱をクロームシルバーでさらにチッピング。
d0024087_20351234.jpg
ジャケットはジャーマングレー+フラットアース、ツナギはジャケットの色にブラウンを混ぜ、内側の服は同じくジャケットの色にカーキドラブを混ぜて塗りました。ジャケットの襟と袖はフラットブラウン+フラットブラックを薄く塗ります。
ヘルメットはカーキドラブをそのまま使いました。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-02-20 20:57 | ジープウイルスMB

ジープウイルス MB 製作中6

d0024087_21493810.jpg
そのままではデカールの白が強すぎるので、エナメルのカーキドラブを薄く塗って落ち着かせています。
サイドミラーは、アルミホイルにポンチで丸い跡をつけてデザインナイフで切り出し、アクリルのクリヤーで接着。
メーター類は半艶のエナメル・ブラックを塗り、針をホワイトで塗り分けました。
チッピングをしました。同じくエナメルでフラットブラック+フラットブラウンで錆びた傷を、フラットブラウン+フラットレッドで下地の錆止め塗装も表現してみました。
シートの周り、バンパー、手すり、弾薬箱を集中的にチッピング、失敗したら溶剤を含ませた筆で拭き取れます。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-02-18 22:22 | ジープウイルスMB

ジープウイルス MB 製作中5

d0024087_226167.jpg
エアブラシによるアクリル塗料を使った基本塗装、デカール貼り、エナメル塗料での各部塗り分けと作業を進めています。
基本塗装はタミヤ・アクリルとGSIクレオスの水性ホビーカラーを混用しています。
ダークグリーン+カーキにライトグレー、グリーン、ブラウンを少量づつ加えてみました。
デカールは綿棒を転がすように押し付けて模型に密着させます。
タイヤはカーキドラブ+フラットブラック、シートはカーキ+フラットグリーン、シフトレバーはセミグロスブラックです。
オノ、スコップとハンドルは基本色のままでもそれらしくて良いのですが、塗り分けたほうが良いアクセントになるでしょうし迷うところです。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-02-16 22:35 | ジープウイルスMB

ジープウイルス MB 製作中4

d0024087_2144535.jpg
ウイルス・ジープもそろそろ組み立てが終わります。
運転席のペダルをプラ板で工作、ペダルの足は太めの伸ばしランナーです。やっぱり運転席にペダルがないと車らしくないです。ペダルの細かいパターンまでは再現できず。
タミヤ・連合軍アクセサリーセットからバッグをひとつ使ってみました。プラ板でひもを作っています。
d0024087_2228038.jpg
ジープに添えるG.Iのフィギュアも組み立てました。ヘッドは同社の別のキットのものです。
手が大きすぎるように感じたので、これまた同社のフィギュアと交換、ジェリカンを持つ手はピンバイスで穴を開け、取っ手を通して組み立てました。
ジェリカンもタミヤ・連合軍アクセサリーセット。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-02-13 22:40 | ジープウイルスMB

G.I

d0024087_23241243.jpg
ウイルス・ジープと組み合わせようと、ドラゴンモデル・アメリカ戦車兵セットからジェリカンを運ぶ兵士を組み立てています。
タンカーズジャケットは戦車兵だけではなく、米軍で広く使用されたそうでジープとも組み合わせることができます。
ところで、箱を開けて驚いたのがこの分割、襟が別パーツでした。大きく開いた襟から覗くツナギが良いです。
このフィギュア、同社・レマゲンセットの米兵に比べ、非常に体格が良く、まさにタフなG.Iのイメージにぴったりです。
[PR]
by tropicaldesign | 2006-01-31 23:44 | ジープウイルスMB

ジープウイルス MB 製作中3

d0024087_1674029.jpg

組み立てが終わりました。
ワイヤーカッターをつけてみました。ワイパーのコードを追加し、伸ばしランナーのスライスで各部にボルトを追加しています。
ボンネットとウインドシールドを固定する丁字状の金具の再現ですが、まず角材に丁字状の溝を掘り、ライターであぶったランナーの先端を押し付けてマスターを作ります。そのマスターを紙粘土に押し付けて型を複数作ります。その型にライターであぶったランナーを押し付け、これを複数作り、丁字の形を削ぎとって貼り合わせ作っています。ランナーは加熱しすぎると型にべったりとひっついてしまい、熱が足りないとはっきりとした形が作れません。
最後に溶きパテで仕上げています。この方法だと手間はかかりますがこの金具独特のボリューム感が再現できます。
d0024087_1682563.jpg

フィギュアも作りました。キット付属のものにジャンクパーツのゴーグルを追加しています。首の角度を変更し、ヘルメットにアゴひもをつけています。
またジェリカンの蓋もキットではただ丸いだけなので棒やすりの先でくぼみを作り、伸ばしランナーで滑り止めをつけています。タミヤの連合軍アクセサリーセットを利用しようかと思いましたが、やればできるものですね。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-08-17 16:58 | ジープウイルスMB

ジープウイルス MB 製作中2

d0024087_22213980.jpg

サスペンションの基部を一度切り離し、伸ばしランナーで工作。前輪の前部、後輪の後部のみ、見える部分だけ作り直しています。
ウインドシールド両側に付く細長いパーツをなくしてしまい、これも作り直し。
サイドミラーもキットのままではちょっと怪しいのでミラー部分を残して切り離し、伸ばしランナーで棒を作ります。
d0024087_22215320.jpg

ライフルホルダーはライフルを削り取り、彫刻刀とデザインナイフでくり抜いています。
スコップと斧の固定具もパッケージを参考に伸ばしランナーとプラバンで。
各部のネジやボルト等のポチポチは伸ばしランナーをスライスして貼り付けています。
最後に機銃をつけてみました。少し高さがついて見栄えがいいと思うのですが。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-08-07 22:53 | ジープウイルスMB

ジープウイルス MB 製作中

d0024087_23232849.jpg

タミヤのジープウイルスMBです。
1日でここまで組み立てられました。タミヤのキットはとても作りやすく、仕上がりもきれいです。
d0024087_23233653.jpg

シートの背板を0.3㎜プラバンと伸ばしランナーで作り、部品にそのまま貼り付けています。
伸ばしランナーはデザインナイフで断面が半円になるように削り、接着しています。
これで押し出しピンの跡を隠して、背板が奥まりすぎているのを修正できます。
AM誌vol.56のハセガワ1/24ウイルスジープを使用した製作記事にも背板のかさ上げが紹介されていましたが、このキットにも使えます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-08-05 00:05 | ジープウイルスMB