カテゴリ:その他単品フィギュア( 26 )

アメリカ第1軍 レマゲン 1945 2

d0024087_17195662.jpg
帽子のほうがジープ乗りらしいと思い、GIに帽子をかぶらせてみました。タミヤのドイツ歩兵「突撃」セットの略帽を削り作っています。
ジープにも荷物を載せたいですね。とりあえず単品で仕上げるつもりです。地面だけの簡単なヴィネットでもいいですね。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-18 17:32 | その他単品フィギュア

アメリカ第1軍 レマゲン 1945

d0024087_2013525.jpg

製作中のウイルスジープに添えるフィギュアとして、ドラゴンのアメリカ第1軍 レマゲン1945から一体作ってみました。最近のドラゴンのフィギュアは、作りやすく出来も良いですね。製作して気になった点は、ヘルメットが深すぎ、偽装ネットのモールドが甘いこと、ヘルメットの底にプラ板を張り、偽装ネットは紙やすりで削り取ってしまいました。もうひとつはマガジンポーチと腕が少し干渉してしまうこと、いずれかを少しづつ削ってフィットさせました。またガスマスクケースのスリングも0.3㎜プラ板で追加工作しました。しかし本当に良い出来です。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-15 21:09 | その他単品フィギュア

ドイツ兵 1945

d0024087_17392185.jpg
ドラゴンの国民突撃隊が再販された機会に、購入、製作したものです。大戦末期をイメージし、パンツァーファウストを持たせ、そのために手を一度切り離し、角度をかえています。末期らしさを出すためにパンツァーファウストはダークグリーンに塗装。ヘルメットはタミヤのものに伸ばしランナーでリベットをつけ、虫ピンで通気孔を開けました。初期のキットのため、足とコートは分割されていません。コルスンポケットのコート兵と比べると、どれだけドラゴンの技術が向上しているかが見て取れます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-08 17:56 | その他単品フィギュア

米海兵隊

d0024087_18322548.jpg

時期は未定ですが、ドラゴンモデルから新たに米海兵隊のフィギュアがリリースされるそうです。そこでシリーズ初期の米海兵隊硫黄島をこの機会に作ってしまいましょう。
早速、一体組んでみたところ、最近の製品と比べると作りやすさやモールドは多少劣りますが、良い雰囲気を持っていると思います。そのままだとちょっと頭が下を向いてしまいました。日本軍陣地の洞穴を覗き込むというようなイメージでしょうか。
バルバロッサのヴィネット(ヴィネットと呼べるほど立派なものでもないかもしれない)で味をしめて、今回もベースを作ってみようかと考えています。今あるアイデアは日本軍陣地へ「馬乗り戦法」で攻撃を仕掛ける米海兵隊。
ところで以前作った日本兵のフィギュア、残りの三体も作ってベースに乗せてみたいですね。深い密林を突っ切って突撃する日本兵なんてどうでしょう。口で言うのは本当に簡単なのですが。
しかし米海兵隊も日本兵も思い切り戦闘中のフィギュアですね。行進していたり、休憩しているような生活感のあるフィギュアが欲しいです。兵士たちにとっても戦闘の時間より生活の時間の方が圧倒的に多いのだから。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-09-07 19:41 | その他単品フィギュア

ドイツ歩兵 1940

d0024087_17292253.jpg
今回は少し前に製作したフィギュアを紹介します。1940年フランス戦の(ポーランドでもいいかな)ドイツ歩兵。
以前から大戦初期のドイツ兵を製作してみたく、ドラゴンの砲兵セットが発売された時に、さっそく購入して改造してみたものです。
装備品はドラゴンやタミヤのパーツを使い、右腕もタミヤのパーツを流用しています。
服のしわ、袖、ポケットなどをデザインナイフで彫り込んでいます。ライフルのスリングは0.3㎜プラバンです。
d0024087_1730139.jpg
上着はフィールドグレー+フラットベース、ズボンはフィールドブルー+フラットホワイト+フィールドグレー+フラットベースです。
ベルトには革製品独特の擦れによる傷を再現するためダークイエローでドライブラシしてみました。
銃床やスコップの柄はデザートイエローの基本塗装にレッドブラウン+フラットブラックで大雑把に木目を書き込み、最後にオレンジ+ブラウンを薄く塗って仕上げています。
ヘルメットのワッペンはタミヤのデカールを使用しています。ケッテンクラートに付属していたもので、それ以前のキットに付属しているものよりサイズが小さめでいいと思うのですが。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-08-12 11:18 | その他単品フィギュア

Achtung-Jabo!

d0024087_20515864.jpg

ちょっとフィギュアを組んでみました。
ノルマンディ戦線、ヤーボの低空攻撃に逃げ惑う戦車教導師団の兵士をイメージしています。
負傷兵の腕を掴む兵士に空を見上げさせ、敵機の存在を暗示します。
彼らの脇にクラッシュしたトラックを置いてみたいですね。木の枝で偽装されたトラック、木の枝の表現は難しそうですが。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-07-26 21:51 | その他単品フィギュア

銃剣突撃3

d0024087_17334418.jpg
だいたい仕上がりました。ベルト等の革製品はフラットブラウンで基本塗装を済ませておき、レッド+フラットブラックでウォッシングしっ放しています。雑のうはバフ単色、鉄帽はカーキ+ブラックグリーンを半艶で仕上げています。
d0024087_17344282.jpg
銃剣はクロームシルバーで塗りましたが、刃物らしくならなかったので鉛筆を擦り付けてみたところ、それらしくなりました。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-07-13 23:48 | その他単品フィギュア

銃剣突撃2

d0024087_233242100.jpg

塗装中です。顔、手は大方仕上がりました。
肌の色には東洋人らしさを意識してデザートイエローを混ぜています。
服にはほとんど分からないくらいに薄くスミ入れをしてみました。服の基本色はバフ+フィールドグレーを少量、明るい色なのでスミ入れをすると汚くなりやすく、慎重に作業しています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-07-13 00:07 | その他単品フィギュア

銃剣突撃

d0024087_2319528.jpg

ドラゴンから先日再販された、「JAPANESE ARMY INFANTRY(IWO JIMA 1945) 」です。
その中から、私が特に気に入ったひとつを早速組んでみました。
ドラゴンのフィギュアシリーズ初期の製品ですが、再販の為プラの質も良くなっており、作り易いです。
主な工作ポイントは、デザインナイフで服のしわなど甘くなったモールドを彫りなおし、銃を握る手を切り貼りしてしっかり握らせるところです。
南方戦線らしい防暑服の生地の薄さを表現するため、袖や襟、裾などは特に薄くしています。
組みあがると、箱絵どおりの迫力ある造形でうれしいです。
残念なことは鉄兜につけられた偽装網のモールドが甘く、一部消えてしまっていることです。いっそのこと削り取ってしまったほうがいいかもしれません。しかし顔の表情は非常に豊かで、東洋人らしさがよくでていると思います。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-07-10 00:09 | その他単品フィギュア

独軍下士官2

d0024087_12561290.jpg

仮組みしていたフィギュアをきちんと組み立ててみました。
雑のう、水筒、ガスマスクケースと軽装備です。
d0024087_12564625.jpg

ベルトの右にはマガジンポーチ、左にはピストルをつけています。
各装備を取り付けるとき、接着両面を削り、すきまができないようにします。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-06-26 13:18 | その他単品フィギュア