カテゴリ:Ⅲ号戦車J型( 18 )

Ⅲ号戦車 製作中8

d0024087_23231494.jpg
履帯の工作をしています。このキットの連結式履帯にはセンターガイドの穴がないので気長に開けてみる事にしました。一度センターガイドを切り離し、デザインナイフと棒やすりで穴を開けています。モデルカステンのすばらしい連結式可動履帯に交換するのも1つの手ですが、せっかくキットに入っている連結式履帯、使ってみようではありませんか。
d0024087_23232217.jpg
私、モデルカステンの可動履帯を使ったことがないんです。機会があれば是非手にしてみたいのですが。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-09 23:53 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 製作中7

d0024087_21523138.jpg
前回の車体後部に付く大きな雑具箱は、モデルのバランスを悪くしてしまうだろうと判断し、オミットすることにしました。しかしキットのパーツそのままの牽引ロープ固定金具はどうしても荷物で隠したいので、他の荷物積載例を探すことに。
そこでアーマーモデリング41号Ⅲ号戦車特集に掲載されたハビ・ガルシア氏の作例を参考にすることとしました。実はⅢ号戦車を作りたくなったきっかけがこの作品だったりします。彼の作品を見ていると、細長い木の板を金具で車体後部に立てて荷物を支えています。この作品のモデルはわかりませんが、真似してみました。砲塔とのバランスを考え、作例より板を低めに立てています。荷物を支える板と木箱は0.5㎜プラバン製、棒やすりでケガいて木目を再現してみました。ケガいた表面は歯ブラシなどで削りカスを取り除き、リモネン系接着剤を薄く塗って仕上げています。濃いグレーの箱はタミヤの余ったパーツです。取っ手を伸ばしランナーで工作。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-09-25 22:30 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 製作中6

d0024087_20344018.jpg
0.1㎜プラバンで箱を作ってみました。蓋はまだです。雑誌かなんかで見たイラストを思い出しながら作ったのでいま一つ形状に自信がありません。こんな大きさでどうでしょうか?
しかしこの箱をつけると後ろが間延びしすぎて、模型的にはバランスがよくないような気もします。荷物を載せればそうでもないかな。
あと砲塔後部の雑具箱にアンテナ絶縁用の木片を0,3㎜プラバンで工作しています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-09-23 20:59 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 製作中5

d0024087_20414424.jpg
以前から前方機銃のボールマウントの形状がどうも気に入らず、何が違うのだろうと思案していたのですが、今朝やっと気がつきました。口が大きいのです。
そこで0.3㎜プラバンを内側から貼って、タミヤパテで仕上げてみました。ようやく納得。
ついでにライトコードを伸ばしランナーで作りました。留め具もプラバンで工作しています。
ホーンの横の小さなライトはピンバイスでくり抜いてみました。塗装後に透明プラバンをはめ込んでみようと思います。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-09-19 21:00 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 製作中4

d0024087_1835477.jpg
しばらく放っておいたⅢ号戦車に手を入れてみました。
砲塔側面の両側につくフックはカギ状の部分が埋まっているのでデザインナイフでえぐって整形。
ジャッキはタミヤのⅣ号戦車車外装備品セットのものです。ジャッキの止め具は、基部をプラバンで追加、蝶番部分に2本の切れ込みを入れてそれらしくし、蝶ねじは一度切り離し角度を変えて接着すると自然になります。
S字シャックルのコの字の止め具は、0.5㎜プラバンの薄切りをピンセットではさみ、曲げて作りました。
d0024087_18355741.jpg
アンテナケースの取付金具を0.3㎜プラバンで作り直しました。
後部フェンダー、スコップは棒やすり、デザインナイフで薄く削ります。

車体後部に牽引ワイヤーを取り付ける金具がいくつか付くのですが、実物は薄い金属パーツであり、キットのパーツではうまく再現できません。自作しようにも結構数があり、どうしたものかと考えております。いまのところ荷物を満載して隠してしまうつもりです。
ところで設定は第24戦車師団所属車両を考えています。車体後部に大きな箱をつけて。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-09-17 19:14 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 製作中3

d0024087_22121630.jpg

今日も1時間ほど作りました。
砲を取り付けることでそれらしくなってきましたね。砲身はタミヤパテで入念に整えています。
前方機銃は周りの丸い部分と中の球状の部分が一体成型されているので、切り離して奥に移動しています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-06-01 22:28 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 製作中2

d0024087_23113074.jpg

今日はここまで出来ました。あまり変わっていませんね。
このキット、部品の取り付け位置が距離で指定されています。
定規をあててマチ針でケガいたり、ダボ穴を開けてから部品を取り付けるのですが、こんな作業もおもしろいですね。
左下のエッチングパーツはタミヤ製です。キットでは板状のパーツに網目がモールドされているだけなので、ここはぜひ使いましょう。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-05-30 23:39 | Ⅲ号戦車J型

Ⅲ号戦車 製作中

d0024087_14561546.jpg
キングタイガーを組み立て始めていましたが、旧グンゼ産業のⅢ号戦車J型を買ってしまいました。
箱の横には「キットは、Ⅲ号戦車J型のディテールをあますことなく精密再現したもので、戦車モデルファンにとっては、欠かすことのできない逸品です。車体をはじめとして、砲塔、転輪、起動輪、ハッチ、各種工具類の精密さはもちろんのこと、フォルムの正確さは、他に比較するものがありません。キャタピラはもちろん連結式です。最高のⅢ号戦車を味わって下さい。」と書かれています。グンゼ産業の当時の自信が伝わってきますね。
パーツを見てみると、ライトグレーの成型色で分かりづらいのですが、各部に細かい溶接跡が再現されていたり、薄く繊細なパーツがあったりして好印象です。組み立て式のキャタピラもうれしいですね。

d0024087_14562943.jpg早速組み立て始めると、上の写真のように車体上面が歪んでいました。古いキットなので仕方ありません。
そこで、左の写真のように車体前面のパーツに適当なプラバンを接着して歪みを直します。
このキット、ドラゴンの初期のキットのようにプラスチックの色が薄く、細かい部分が見えづらいので、注意しないパーティングラインを消し忘れてしまいそうです。






d0024087_14564454.jpg
車体上面の歪みはなくなりました。それにしてもフェンダーがとても薄く表現されていていいですね。
青味の強いジャーマングレイに仕上げて、ナチス・ドイツ絶頂期のⅢ号戦車を再現してみたいです。
フィギュアはドラゴンのドイツ砲兵セットから取ってきました。ボタンを上まで留めて堂々としたポーズが、イメージにぴったりです。しかも足の高さもぴったりです。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-05-28 16:14 | Ⅲ号戦車J型