カテゴリ:Ⅳ号戦車J型( 8 )

Ⅳ号戦車 製作中8

d0024087_23271488.jpg
とりあえず出来上がりとしていたⅣ号戦車に手を入れてみました。タミヤアクリルを使ってのウェザリングです。何度も紹介していますが、ダークイエローを水で希釈してモデルにのせていき、水を含ませた筆や綿棒でふき取る方法です。タミヤアクリルは乾燥すると埃っぽいつや消しになり、パステルのように作業スペースを汚すことなく、触っても落ちないので、ウェザリングには最適であろうと思うのですが。ふき取る前に乾燥してしまった場合は、アクリル溶剤でふき取れます。基本塗装がアクリルであっても手早く行えば問題ありません。
d0024087_23552488.jpg
砂埃、泥汚れは、雨などで水平面の隅にたまります。足周り以外の鉛直面にはウェザリングをほとんど行いませんでした。
d0024087_23554446.jpg
砲塔にも軽くウェザリングします。車体と同じように汚すと、かえって単調になってしまうので、ほとんどわからないくらい軽めに施します。雨の後が残っているイメージです。
d0024087_2357666.jpg
単調な単色塗装にも多少変化をつけることができました。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-02 00:10 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中7

d0024087_22163221.jpg

細かい傷を描き込みます。
タミヤエナメルのフラットレッドとフラットブラウンを混ぜて、細筆で描き込んだり、ドライブラシの要領でランダムに描き込んだりしています。
下地のプライマー色を意識して赤い傷としました。緑と赤は対比色なので、地味な単色塗装の良いアクセントとなればよいのですが。

そろそろベースの製作にとりかかりたいですね。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-05-21 22:55 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中6

d0024087_23234943.jpg

履帯と車体下部にアクリルのバフ+フラットブラックを水で溶いてウェザリングをしています。
水で希釈することでアクリル塗料の基本塗装を侵さず、乾燥後もある程度水で拭き取ることができます。
洗うように塗り、ティッシュペーパーで拭き取ると、隅に泥がこびりついたような表現が出来ます。こしのある筆ではじいて、はねた泥の表現もしてみました。
d0024087_23223480.jpg

車体上下の接着ですが車体上部がそっていて、そのままでは接着することができません。
まず、前部を接着してマスキングテープで固定、乾燥させます。
次は車体後部です。ジョッキにコーヒーの出がらしをつめて、空き缶に釘をつめて重石にしました。あわてていたのでこんな不安定な状態になってしまいました。倒れてしまいそうです。うまくいくでしょうか。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-05-08 00:01 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中5

d0024087_2301254.jpg

スミ入れをしていきます。エナメルのフラットブラック、フラットブラウンをエナメル溶剤で溶いて凹部に流します。半乾きになってから、エナメル溶剤をつけたティッシュペーパーでふき取ります。塗料の濃度や乾き方でいろんな表現ができます。濃い塗料でパネルの継ぎ目などのめりはりをつけ、薄い塗料をにじませてオイルのにじみを表現してみました。
d0024087_230238.jpg

転輪も取り付けました。ゴムの部分をエナメルのジャーマングレイで塗り分けました。左右で16も転輪があるので塗り分けに手間がかかります。
今日はここまでです。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-05-06 23:36 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中4

d0024087_21465773.jpg

エアブラシで基本色のダークグリーンを塗ってみました。
思い切ってかなり明度を高く、彩度を低くしてみましたが写真で見るとちょうどいい雰囲気です。
新聞紙を敷いてダンボールをコの字に立ててスプレーブースにしています。
d0024087_21471244.jpg

今回使ったアクリル塗料です。タミヤのライトシーグレイとフラットグリーン、GSIクレオスのクリヤーを混ぜて使っています。
後ろに見えるのは角材に両面テープで固定した転輪です。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-05-01 22:19 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中3

d0024087_2328355.jpg

ほとんど組み立ては終わりました。
塗装を考えて履帯は4分割して取り外せるようにしています。転輪も別に塗装します。
履帯取り付けの為に車体上下も接着していません。
d0024087_23281415.jpg

戦車にそえるフィギュアをこしらえてみました。イメージは降伏したドイツ兵を連行するソ連兵です。
タミヤとドラゴンの部品を混ぜて使っています。
ドイツ兵はドラゴンのフィギュアに手を上げさせて改造、コートの表現がすばらしいです。
ソ連兵はタミヤのキットにドラゴンの頭部と腕を使い、拳銃を持たせてみました。
拳銃はタミヤの米軍小火器セットからとりあえず流用していますが、ソ連軍の拳銃についてはきちんと調べてみます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-30 23:58 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中2

d0024087_22471189.jpg

履帯を組み立てます。ドラゴンのキットは1枚ずつの組み立て式です。
まず、すべて一度に切り出してパーティングラインを消します。単純な作業ですが音楽を聞きながら、けっこう楽しくやっています。
私は模型を作る時よく音楽を聞きます。
d0024087_22472136.jpg

角材に両面テープを貼って、組み立ててみました。突き出しピンの跡はほとんど紙ヤスリで消せそうですが、所々にある大きな跡は木工パテで埋めています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-28 23:34 | Ⅳ号戦車J型

Ⅳ号戦車 製作中

d0024087_22392737.jpg

ドラゴンのⅣ号戦車最後期型です。
去年の7月頃から作り始めたのですがシェルツェンステーを作り直したり、あちこち工作してるうちに挫折。作りかけのまま本棚の上に飾っていましたが、今日なんとなく気が向いて製作再開となりました。
装備品はタミヤのⅣ号戦車装備品セットを利用しました。あとは伸ばしランナーとプラバンで工作しています。
今からどんな仕上げにするか楽しみです。ダークグリーンの単色塗装にしたいなと思ってます。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-04-24 23:09 | Ⅳ号戦車J型