カテゴリ:突撃工兵 クルスク( 6 )

ドイツ突撃工兵 クルスク1943 6

d0024087_21524663.jpg
だいたい組み上がりました。あとはライフルのスリングをプラバンで作るくらいです。
開口した手榴弾袋には、伸ばしランナーで手榴弾の柄を工作しました。腕の継ぎ目など気になるところに溶きパテを塗っています。
今日は良く晴れていたので、窓を思いっきり開けて工作できました。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-11-23 22:05 | 突撃工兵 クルスク

ドイツ突撃工兵 クルスク1943 5

d0024087_19171611.jpg
左から、爆薬に信管をセットする工兵と、地雷探知機をもつ工兵です。爆薬、信管は手と一体に成型されているので、すきまを彫っています。バック類のモールドも彫りなおしました。地雷探知機の彼は手と首の角度を調整しています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-11-12 19:31 | 突撃工兵 クルスク

ドイツ突撃工兵 クルスク1943 4

d0024087_23311794.jpg
装備品を取り付けています。大きなスコップが工兵らしいですね。ポンチョの側面もデザインナイフで彫ってみましたが、ただの渦巻き状の溝のようになってしまって難しいです。飯ごうの取っ手は伸ばしランナーで作ってみました。飯ごうを持つのは彼一人なので、手間をかけています。
ところで、ドラゴンフィギュア初期のドイツ軍雑のう(ひもが一体成型されているもの)はサイズが少し大きいものの、妙に形がいいですね。D字の金具のモールドなんかはすごく良いので、削り取って利用したいです。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-11-04 23:43 | 突撃工兵 クルスク

ドイツ突撃工兵 クルスク1943 3

d0024087_2314173.jpg
今日も、のんびりと工作していました。装備品の整形なんかをしています。
柄付き手榴弾を入れる大きな袋を組んでみました。取り付ける際、フィギュアにフィットさせるため、両脇をかなり削りました。袋の口からのぞく、手榴弾の柄の一体モールドは、どうしても甘いようなので、削ってしまい、ピンバイスで適当に穴を開け、それを頼りにデザインナイフで内側をゴリゴリと削って袋らしくしています。もっとフチを薄くしないと布の袋らしくないですね。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-11-03 23:30 | 突撃工兵 クルスク

ドイツ突撃工兵 クルスク1943 2

d0024087_2242205.jpg
今日はここまでです。
3体の足と胴体を組みました。ヘッドと腕も別に整形し、後で調子を見ながら取り付けたいと思います。
1943年のクルスク、対戦車壕から突破を試みる工兵、という設定でヴィネットを作ろうかと思っています。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-30 22:54 | 突撃工兵 クルスク

ドイツ突撃工兵 クルスク1943

d0024087_23121094.jpg
ドラゴンのドイツ突撃工兵を作っています。初期の製品ですが、組んでみて予想以上の良い感じです。特に襟とブーツに入った柄つき手榴弾がすばらしい。
まだ工作途中ですが、襟と裾、靴の間をデザインナイフで掘り込んでいます。そのままでは首が下を向きすぎてしまいますね。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-29 23:27 | 突撃工兵 クルスク