2005年 12月 11日 ( 1 )

第6軍 スターリングラード 2

d0024087_10541080.jpg
MP40を構える下士官。
昨日工作したMP40の折りたたみ式銃床はうまくフィギュアにフィットせず、仕方なく折りたたんだ状態のMP40のパーツに取り替えました。ドラゴンのフィギュアセットは小火器の部品がよく余るので融通がききますね。
ドラゴンフィギュア初期の手は銃の「握っている部分」が、一体に成型されており、パーツを上手くあわせれば、すばらしいフィット感が得られます。そのため、説明書には書かれていませんが銃を切り刻んで組まなければなりません。(一体成型の「握っている部分」をくり抜き、銃を差し込むのもいいかもしれません)この間組んだ同キットの、「手榴弾を握る手」にも言えることですが、銃本体とマガジンはきちんと「芯」が通るように取り付けないと不自然になってしまいます。銃と手との合いはなかなか良く、右手首を切り離し、角度を少し変えただけです。
銃を握る右手人差し指は切りとばし、伸ばしランナーで作り直すとより自然です。
ヘッドは帽子の耳あてとのすきまが埋まっているので彫り込みました。畳まれたつばの部分は別パーツ、毛皮らしいテクスチュアも付いていて良いです。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-12-11 11:50 | 第6軍 スターリングラード