WTM Ⅲ号突撃砲G初期型

d0024087_2313818.jpg
ブログタイトルに「1/35」とつけているように、私は専ら1/35スケールのプラモデルを作り続けているのですが、実はワールドタンクミュージアムもちょっとだけ持っています。食玩は何が出るかわからないですし(そこが楽しいのですが)買い出すときりがないので、発売された時に、2~3個買うだけにしています。モリナガ・ヨウさんのきれいな透明水彩のイラストが好きで、WTM図鑑も買ってしまいました。
WTM第2弾で当てたのが白色迷彩のⅢ号突撃砲、どうも仕上げがいい加減でがっかりして引き出しにしまっていたものを改造しました。
プラバン積層で四角い防盾を作り、シェルツェンもプラバン、増加装甲のボルトは伸ばしランナー・スライスで、発煙装置も伸ばしランナーをデザインナイフで開口、MG34も伸ばしランナー細工です。資料はタミヤの1/35Ⅲ号突撃砲の箱絵で、寸法はものが小さいので目分量です。
d0024087_23131623.jpg
塗装はエアブラシでしてみました。タミヤアクリル、ダークイエローとブラウンの2色迷彩です。スケールが小さいので濃い目に仕上げました。同じ色でも、面積によって見え方が違います。スケールモデルは、本物を縮小した模型なのですから、実物の色より強い色調にすべきだと思います。今回はちょっと暗くなってしまいました。
[PR]
by tropicaldesign | 2005-10-22 23:57
<< WTM バルジの戦い編 Ⅲ号戦車 製作中7 >>